Company - patent 特許取得・ISO認証

特許取得

特許取得・登録技術等

  • 地中探査方法(路面映像システム)(特許第3936472号)
  • 測距装置、撮影装置および空洞内部状況把握システム(特許第3364628号)
  • レーダ探査装置(小型探査車)(特許第4072569号)
  • 鉄筋コンクリート体の健全性の非破壊評価方法、及びその装置(特許第4315464号)
  • 舗装の内部損傷箇所の非破壊調査方法(特許第4442914号・第4442916号)
  • 埋設管マッピングシステム(NETIS登録 No.CG-040028-V)
  • 埋設管マッピングシステム(東京都 新技術登録)
  • 埋設管マッピングシステム(横浜市 新技術・新工法登録)
  • 港湾施設空洞調査システム(東京都港湾局 新材料・新工法登録)
  • 地中空洞検出装置(特許第4156960号)
  • レーダ装置(極性判定)(特許第4172575号)
  • 路上作業用車両、牽引装置、及び路上作業方法(特許第4895064号)
  • 探査装置(無線型ドーロスコープ装置)(特許第5242970号)
  • 空洞厚探査方法(特許第5629840号)
  • 舗装の健全性評価方法(特許第5701109号)
  • スケルカ・陥没防止技術(路面下空洞調査)(NETIS登録No.HR-130013-VE)

過去に取得した特許

  • 車載用地中レーダーのアンテナシールド装置(特許第2986233号)
  • 地中探査方法及び地中探査装置(特許第3423948号)
  • 地雷検知装置および検査装置(特許第3768101号、国際特許イギリス・オーストラリア・カナダ)

ISOの取り組み

適用範囲

品質・環境マネジメントシステムは、当社での調査サービス提供、
開発検討ならびに調査・検査機器の設計・制作・その保守のすべてに適用します。

また、JIS Q 9001:2015、JISQ14001:2015の規格が要求している事項について適用除外となる項目はありません。
さらに、業務の遂行にあたり、企業が対応すべきとした範囲内で、環境に配慮した取り組みを行います。

品質・環境方針

地球規模の気候変動に伴う世界的な風水害の激甚化・頻発化、さらに国内においては首都直下、南海トラフなど大規模地震の発生確率の高まり等、自然災害による被害とその脅威は年々大きくなっています。
加えて、社会インフラの老朽化もますます進展しています。災害時の緊急・復旧活動に加えて、災害の影響を減らすための防災・減災対策、社会インフラの老朽化対策等、国土強靭化事業の推進が、国内外の成熟都市において喫緊の社会的課題となっています。
しかしながら、目に見えない地下やインフラ内部の正確な情報が欠けているため、必要とされる対策が効果的かつ迅速に進められていません。
当社はこれらの問題を解決すべく、目に見えない地下及びインフラ内部を可視化診断し、質の高い結果をインフラオーナー等に提供することで、上記の社会的課題の解決に貢献し、命と暮らしを守っています。
当社が提供するサービス自体が社会の環境負荷低減に繋がります。さらに、当社自身の事業遂行においても最新のデジタル技術等の活用と高い社員意識の醸成により環境にやさしいものとします。

(※上記の内容を品質・環境目標の枠組みとして設定、レビューに活用します。)

令和3年11月1日
ジオ・サーチ株式会社
代表取締役社長 雑賀 正嗣

登録証

ISO9001:2015
ISO14001:2015