サイト内の現在位置

トピックス・コラム

2010年度トピックス

[10/11/17]

『橋梁床版を一気にスケルカ!』
新型装置が完成し、新しいサービスが始まります!
時速60キロで走りながら床版内部を透かしたように可視化する新しい装置です。
多数の橋梁を通る走行ルート設定し、一気にスケルカすることが強みで、1日に100キロ程の走行が可能です。例えば走行ルート間に50橋梁あれば、通行規制なしに50橋梁分の床版内部のカルテが、1日の走行と数日のデータ処理で出来上がるという画期的なサービスです。これまで困難であった、床版内部カルテが短期間に整備できるようになります。
本日から始まるインフラ検査・維持管理展でご紹介しています。是非ともご来場ください。

[10/11/12]

『インフラ検査・維持管理展』に出展しました。
  ・2010年11月17日(水)~19日(金) 10:00~17:00
  ・場所:東京ビックサイト 
  ・出展内容:世界初 車両で走りながら橋梁床版をスケルカ(透ける化) 『SKELE-Car』デビュー 

[10/09/10]

9/10(金)のNHK報道番組『特報首都圏』の中で、橋梁床版内部を可視化する技術として、ジオ・サーチの技術が紹介されました。(「高速道路 迫りくる“危機”」)
建設当時は永久と考えられていたコンクリート構造物に、近年老朽化という問題が顕在化してきています。その中でも直接車両から影響を受ける橋梁床版の健全度は、安全な交通の確保に重要です。私たちの技術は、非破壊で床版の内部を高精細に3次元に可視化し、健全度を診断します。

[10/08/31]

明日(9/1・水)からはじまる、土木学会平成22年度全国大会・第65回年次学術講演会で発表します。
第5部門
・Ⅴ-039 舗装体の内部損傷の劣化評価技術について(新技術G-Cube調査)(9/2 10:25~11:55 構造評価(舗装))
・Ⅴ-349 新技術G-CubeシステムによるRC構造物鉄筋腐食診断の性能検証(10:25~11:55 構造物調査診断(1))

[10/08/24]

橋梁新聞(2010年8月21日号)に、橋梁長寿命化技術として「G-Cube・橋梁床版内部診断技術」の記事が掲載されました。WEBページでも記事が読めます。

[10/07/12]

今年3月14日に発生した大阪城公園内天守閣前広場の陥没に関連して、公園内の陥没の未然防止ならびに安全確認に、私たちの空洞調査サービスをご活用いただきました。

[10/07/12]

(社)地盤工学会の和文論文集「地盤工学ジャーナル」の(2010年7月5日公開)に、論文が掲載されました。

・『地盤陥没未然防止のための地盤内空洞・ゆるみの探知に向けた基礎的検討』

[10/07/12]

『ゲリラ豪雨の季節です。冠水後・路面変状...落ちる前の調査で陥没は防止できます。』

ゲリラ豪雨が頻発し、全国で陥没のニュースが流れています。
豪雨時の空洞発生の原因として、想定外規模の雨量と排水施設の老朽化が豪雨で相乗してしまい、地中に空洞が発生するメカニズムが考えられますが、落ちる前の調査で陥没は防止することができます。
緊急調査にも迅速に対応します。まずはご一報ください。

[10/07/05]

『見つける』から『守る』へ。陥没の危険から早く安全になるために...
世界46カ国の拠点と30年以上の実績をもつURETEK Worldwide社の日本法人、ウレテックジャパン株式会社との技術協力で、空洞調査と同時に仮復旧ができる取組みをはじめました。

[10/06/28]

先日開催された「第35回海洋開発シンポジウム」(土木学会(担当:海洋開発委員会)主催)で、新しい空洞調査技術:3次元地中レーダにて、鋼矢板岸壁エプロン部で活用した事例を発表しました。
・『三次元地中レーダを活用した鋼矢板岸壁エプロン部の補修履歴と吸出し空洞の評価』
論文はこちらをクリック

[10/04/08]

これからの舗装の新しい評価手法、舗装内部を非破壊調査で診断する技術について特許を取得しました。
(『舗装の内部損傷箇所の非破壊調査方法』特許第4442914号・第4442916号)

[10/03/12]

RC構造物内部診断技術を用いた、「G-Cube・橋梁床版内部診断技術」が国土交通省四国技術事務所の「四国テーマ設定技術(平成20年度・保全点検技術(コンクリート構造物))」に登録されました。
また、これに伴いNETIS登録番号が「CG-090019-V」に変更となりました。(末尾「-A」から「-V」へ)

※本技術のNETIS一般利用者向けのweb公開もはじまりました。

[10/01/21]

【速報です!】
RC構造物内部診断技術を用いた、「G-Cube・橋梁床版内部診断技術」が本日付でNETIS登録されました。
(登録番号:CG-090019-A)