サイト内の現在位置

トピックス・コラム

2008年度トピックス

[08/12/4]

新技術の紹介です。
『G-Cube構造物内部劣化診断サービス』の実用化がはじまりました。
非破壊調査で、構造物内部の損傷や劣化状況(鉄筋腐食・脆弱箇所)を診断する技術です。技術内容はWEBでも順次お知らせしていきますが、詳細についてはお問合せください。

[08/11/21]

11月20日に、2008年(第19回)非開削技術研究発表会(主催:JSTT・日本非開削技術協会、後援:(社)日本下水道管渠推進技術協会 )で、ジオ・サーチが埋設管マッピングシステムについて発表しました。
「埋設管マッピングシステムを用いた 地下埋設物の三次元非破壊探査の精度検証について」

[08/11/4]

空洞調査に用いる空洞探査車と小型探査車の新機種が完成し、車道・歩道ともに2台稼動体制となりました。
より迅速に、災害に強い社会作りの一助となれるよう、頑張っていきます。

[08/10/22]

10月21日に、(社)物理探査学会 創立60周年記念シンポジウムで、ジオ・サーチが地中レーダ技術の活用等について発表しました。
「道路・港湾施設の予防保全における地中レーダ技術の活用の変遷と成果」

[08/10/02]

『埋設管マッピングシステム』が、国土交通省「新技術情報提供システム(NETIS:NewTechnology Information System)」の登録を更新し、本格運用登録となりました。
新登録番号は、CG-040028-A です。(旧番号CG-040028 末尾に"-A"がつきました)  

[08/08/14]

8/13に、ある自治体で埋設管マッピングシステムの技術説明と機器の展示を行いました。
機会を下さった方々、また、暑い中出席いただきました大勢の皆様、ありがとうございました。
私たちの技術が様々な場面でお役に立てるよう、これからも鋭意努力していきます。

[08/07/28]

日経ビジネス 2008.7.28号の企業欄で、ジオ・サーチが紹介されました。
*掲載ページ*  日経ビジネス 2008.7.28号 P68~69
企業-小さなトップランナー ジオ・サーチ(道路下の空洞探査)
『道の"レントゲン"で陥没防ぐ』

[08/07/14]

7月10日、「平成20年度 近畿地方整備局技術発表会」の調査・計画・設計部門で、ジオ・サーチの技術『埋設管マッピングシステム』の、適用性・導入効果について発表されました。
これからも地中線工事の設計・工事の手戻りが少なくなり、よりよいインフラ整備に貢献できるよう、開発に努めます。

[08/07/10]

「平成20年度近畿地方整備局技術発表会」の調査・計画・設計部門で、ジオ・サーチの

技術『埋設管マッピングシステム』の効果・検証が発表されます。
(14:20~14:40 「電線共同溝事業における埋設物非破壊探査の試行と使用効果の検証について」)

[08/07/08]

ジオ・サーチが支援したNGO「人道目的の地雷除去支援の会(JAHDS)」(2006年11月解散)が、地雷除去事業で活動した、タイ国の遺跡「カオ・プラ・ヴィーハン」地域が、ユネスコ世界遺産に登録されました。
JAHDSは解散しましたが、今現在もJAHDSの理念、JAHDSがタイ国で育成したスタッフが使用した機材を引き継ぎ、カオ・プラ・ヴィーハン地域で地雷除去活動を継続しています。現地スタッフ達も、私達ジオ・サーチメンバーにも大変うれしいニュースです。

[08/07/01]


・小型探査車の技術が特許に登録されました。(特許第4072569号)  
・国土交通省北海道開発局へ、新しい空洞探査車を納入しました。これから更に、 陥没防止のために活躍できることを期待します。