ジオ・サーチ株式会社

MARIKO YAMASHITA橋梁・舗装診断グループ フィールドエンジニア

PROFILE

山下 真理子

橋梁・舗装診断グループ フィールドエンジニア
since.2013-

減災ドクターとして世界に
通用する技術を身につけたい

学生の頃は?

学生の頃はバスケ部でバスケ三昧でした。
今でも部活のメンバーと連絡を取ったり、一緒にバスケの試合に出たりよい関係が続いています。

上司からの紹介

新入社員の時に指導して以来、5年振りに同じ部署に配属になり、一緒に仕事を進めています。
当時から現地調査、解析・診断、成果品作成と業務全体を経験しており、技術者として着実にレベルアップ。今では、業務と並行して後輩の教育も行っています。子育てと仕事を両立させて、主力として活躍している姿は、まさに橋梁・舗装診断グループのエース。

WHY I CHOOSE

なぜ、ジオ・サーチを選んだのか?

就活の際の軸にしていたことは
「世の中の役に立つ仕事をしたい」でした。
ジオ・サーチは最初は何をしている会社か
全く知りませんでしたが、機会があり説明を聞いて、
直感でここだ!と思いました。

ジオ・サーチのやりがい

お客様より直接、「助かった、ありがとう」と
言っていただくことも多く、
困ったことがあったときに相談してくださるような
関係を築くことができたときに、
頑張ってよかったとやりがいを感じます。

VISION

もうまもなく2人目の出産を迎えます。
ジオ・サーチでは最長2歳になるまで育児休職を取得できますが、まだまだ経験や知識が足りないと感じているので、しっかりとお客様に説明できる技術力を身に付けるために、来年春の早期職場復帰を目指しています。
将来は橋梁床版内部劣化調査分野における減災ドクターとして世界に通用する技術を身に付けたいと思います。

就活生へのメッセージ

就活に正解はありません。売上高や従業員数等会社の規模にとらわれて、自分の可能性を狭めてしまいがちです。
ジオ・サーチは大手ほどの規模はありませんが、独自の技術で世界一の実績を誇る会社です。世の中には当社のような企業がたくさんありますが、出来るだけいろいろな会社を見て自分が納得できるように頑張ってください!

OTHER INTERVIEW