サイト内の現在位置
  • ホーム
  • 「貢献工学・減災学」講座

広がりゆく「貢献工学・減災学」講座の理念

2018年2月9日 慶應義塾湘南藤沢高等部「福澤先生記念講演会」

平成30年2月9日(金)、慶應義塾湘南藤沢高等部「福澤先生記念講演会」が慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス(SFC)Θシータ館にて開催され、4・5年生(高校1・2年生)約500名を対象に、当社代表の冨田洋が講師として登壇しました。


「命と暮らしを守る減災学(GENSAI)のススメ」~災害に強くしなやかな社会づくりのために~と題し、当社の事業活動やスケルカ技術、3DインフラMAPなどの最先端テクノロジーを紹介しながら、「本能としての貢献心」「心のレジリエンス力」「倫理観」などの重要性について講演しました。


「独立自尊」「自我作古」「社中協力」「実学」などの福澤諭吉翁の教えと相まって、現代社会のあり方を改めて考え、さらに将来の進路や未来の自分を思い描くヒントやきっかけにもなったのではないでしょうか。


生徒の皆さんからいただいた主な感想は、以下の通りです。抜粋してご紹介します。

・日本では数十年以内、近ければ数年以内にも大規模な地震が東海・関東を中心に発生し、それは阪神淡路大震災や関東大震災に匹敵するとも言われている。地震大国と呼ばれている日本に住む自分達だからこそ「減災」について少しでも理解することができた今回のような機会は、非常に大切なものだと感じた。冨田さんは慶應義塾の教えや精神に則ったうえで会社を設立し技術を開発して「減災」という分野を確立させていた。幾度無くあったであろう困難を乗り越え、まっすぐに自分の道を進んできた中には、常に災害に強くしなやかな社会づくりという明確な目標があり、それを支えるレジリエンス力が備わっていたのだろう。今後自分が何かの分野を突き進もうと決め、心の底からやりたい事を見つけられたとき、今回学んだような心の持ち方でまっすぐに進んで行こうと思う。

・今回、初めて「減災」という言葉を知りました。自然災害を無くすことは出来ないので、その被害を少なくするという考え方はとても新鮮であり、とても素晴らしいものなのだという思いが話を聞くうちに強くなりました。また、特に印象に残っているのは、「人間は一人では生きることが出来ない」ということです。私たちは生まれたときから様々な人とつながっていて、周りのものや人に感謝しながら生きていくことが重要であり、その思いが“本能の貢献心”を生み出すのではないかと思いました。一つの技術を極めることによって、様々な分野とつながることも出来るのだと感じたので、自分の生活で学べる事をしっかりと学び、自分の未来に生かしていきたいです。そして自分が時代の先駆者になれるようにしたいと思いました。

・私は、もともと減災について興味がありました。私の将来の夢の中心となっているものは、地震や災害が起きたときに人の役に立つことです。今日の講演を聞いて技術系でのアプローチもあるのかと思いました。今自分にできる事は災害について正しい知識を持つことだと思い、これからも勉強していこうと背中を押された気持ちです。私は課外活動で自然と関わることをしていますが、常に自然は怖いという気持ちで臨んでいて、それは減災学にもつながるのではないかと思いました。いつか災害があったときに力になれるような知識をつけ、仕事をしていきたいと思っていますので、今日のお話しを聞けて良かったです。「災害は必ず来るからどう被害を減らすか」、これを頭に入れていきたいと思います。

・“ピンチをチャンスに”今までその言葉をきいてもイマイチピンとこないことが多かったのですが、冨田さんのお話を聞いて、問題発生時は自分が試されている時であって、言わば進化できる契機なのだと強く思えるようになりました。また、その様なピンチの時に慶應義塾のポリシーである「独立自尊」「自我作古」「実学」といったことが生きてくるのだと思います。また、特に減災という観点が自分の目には新鮮に映りました。先を見据えて動く、大事なポイントを見極める、減災の対策はもちろん、心構えの面でも自分に備えるべき点があるなと改めて思いました。

・様々な困難、問題に直面しても諦めるのではなく、更なる発展を目指し、ピンチをチャンスに変えて解決する姿勢の大切さを学びました。また、その過程で様々な人と関わり協力することで、難しいと思われることも成し遂げられると学びました。特に印象に残ったのは、スケルカなどの独自の技術とスピーディーな実行力で多くの人々を救い、社会に貢献する取り組みの数々です。私も将来、減災や社会に貢献できる人間になりたいと思いました。最後に「人の命を守る」ことが中心にあり、そのためのアプローチは医療だけでなく、様々な分野にあるという話を聞いて、自分も自分に合った得意分野で貢献できると勇気が出ました。

・今日の講演で学んだことが2つある。1つ目は、使命感ではなく自らのやりたい事をすることである。冨田さんは何度も問題にぶつかり、精神的にも参ることがあったと思う。それでもあきらめず、問題を乗り越えてきたのは、冨田さんが自分のやりたい事をやっていたからである。2つ目は、人は助け合わなければならない、ということである。冨田さんは問題にぶつかった際に友人や知人に助けてもらいながら乗り越えてきた。人と助け合うことで、一人ではできないこともできるのである。悩みや困ったことがあったら、一人で悩まずに友達に相談し、また友達が困っていたら自分が助けてあげられるようにしたい。今日学んだこの2つのことをこれからの生活に活かしていきたいと思った。

・起こった問題に打ちのめされるだけではなく、そこから必ず何かを得て新しいことにつなげていく姿勢は、今の自分に欠けているところだと強く実感し、大変勉強になりました。また、人との出会いを待つのではなく、自ら人に声をかけてチャンスにつなげることは勇気がいることで、とても真似できないとも思いましたが、お話を伺う内に、自分も挑戦してみようと思うことができました。筋を通すということの大切さも感じることが出来ました。正しい事をしていれば良い事が良い人に巡ってくるのだなと思いました。

・今日の講演を聞いて、「誰かに貢献する」という目的を持って行動ができる人になりたいと思いました。自分が勉強しているのは、点数や単位などの奥行きの無い目的ではなく、大学に進学して何を学びたいか、社会に出て自分がどの様なやり方で貢献できるのか、を見つけるような先を見通した目的を持つことができれば、勉強の価値や意味も変わってくるのではないかと思います。また、これから会う人たちとのつながりを大切にし、避けられない震災で助け合うことが出来れば、人間関係にも深みが出ると思いました。まだ、自分中心な考え方で生活しているので、これからはもっと周りで起きていることに目を向け、様々な情報を得ることで多くの発見が出来るのではないかと思いました。大学受験がない分、将来のこと、社会のことをもっと考えた生活が出来ればと思います。

・今日の講演で最も印象に残ったのは、レジリエンスの大切さです。自分が人生の壁にぶつかり心が折れそうになっても、そのピンチをチャンスへ変え、より高く次へとつなげていくということです。また、あきらめずに挑戦し続けていれば、いつか必ず夢がかなう日が来るということが分かりました。私も自分の将来をしっかり見据え、強く高い目標を持って日々を全力で過ごし、自分の人生を楽しみ、やりたい事をやるための基礎を築いていくために、慶應義塾という学びの場を全力で活用して未来を切り開いていきたいと思いました。

・今日の福澤講演会を聞いて、問題解決への挑戦の貪欲さや社会に貢献する気持ちの大切さを学んだ。その発想力の高さや人脈(社中協力)の重要さに深く感銘を受けた。また、地雷撤去の技術が震災による道路陥没防止につながり、無電柱化にもつながっていることに驚いた。災害大国の日本で減災への取り組みの必要性を再認識した。そして即座の判断力の高さは、常に学び続ける精神の賜物であるのだと感じた。形が違うにしても、社会や人に貢献できる人になりたいと思った。

以 上

2017年11月28日 「東京医科歯科大学歯学部」

東京医科歯科大学歯学部口腔保健学科「社会保障Ⅰ講座」のゲスト講師として、社長の冨田洋が特別講義を行いました。


当社の「スケルカ技術」や「地上・地下インフラ3Dマップ」などの最先端技術の紹介や「本能としての貢献心」「心のレジリエンス力」「技術者としての倫理観」、自然災害大国の日本における『貢献工学・減災学』の必要性・重要性について講義を行いました。

“人の命と暮らしを守る”当社の企業理念と事業活動は、“人々の健康で幸せな生活をサポートする”口腔保健の専門家として歯科衛生士を目指す学生の皆さんにとって、少なからず共感することがあったようです。医療従事者としての将来の姿を考えるきっかけとなったのではないでしょうか。


学生の皆さんからいただいた主な感想や意見(抜粋)

・私は、高校生の時、進路や勉強、家族関係などで悩むことが多く、マイナス思考になりがちで、そのたびにある一人の先生から前向きな言葉をかけてくれたり、前向きな姿勢を教えてもらった。今、この大学に進学できたのも「歯科衛生士として人々の力になりたい」と思い続けていた私を最後まで背中を押してくれたその先生のおかげだった。だからこそ、いつも前向きな考えをもつ存在に救われてきた私にとって、今日の講義は本当に充実したものだった。

・脳に悪い習慣ということで、毎日コツコツやることが悪い習慣というのは目からウロコでした。興味がないことを避けるのをやめるということは、私も最近意識しています。全く自分と関係のないようなジャンルの方々のお話を聞くことで視野が広がり自分の将来の選択肢が増えたりしましまた。また、ジオ・サーチの方々の貢献精神も見習うべき姿勢だと思いました。ありがとうございました。

・私は以前違う大学に通っていました。高校生の時、東京医科歯科大学で学び歯科衛生士になりたいという気持ちと大学生になりたいという気持ちがぶつかり歯科衛生とは全く関係のない学部のある高校の付属の大学に入学しました。
2年通った結果、歯科衛生士になりたいという思いを忘れることができずにいた自分に気づき、1年の受験勉強を経て今TMDUで学んでいます。冨田さんのおっしゃっていた通り、2年前の決断は「やってやるぞ」「今の私ならやれる」という強い冒険心のようなものがあったからできたものだと思います。1年生では、歯科衛生の専門的な学問はまだまだありません。なので、具体的な将来性や夢を描けず、少し怠隋な生活を送っている気もします。この時間は今回の授業で強くおっしゃっていた「仲間づくり」に多くの時間をあてたいと思います。学びだけの学生生活ではなく、もっと幅広く交友関係を築いていけるようにしたいです。
 自分の弱さと向き合うとはどういうことなのかまだわかりませんが、今回の授業でより信頼のおける仲間の存在の大切さを学ぶことができました。医療者として多くの人々の助けになれる人間になろうと思います。

・自分が師匠にしたいと思う方には、積極的に手紙を送るなどして接触をはかるようにしていたということを聞いて、私も憧れている歯科衛生士の先輩がいるのでその方には積極的に手紙を送るなどの行動を起こして、接触をはかるようにし、自らを成長させ、世界を広げていきたいと思いました。
   また、今回の講義の中で特に印象に残った話は、何か行き詰り、前に進めなくなりそうになった時には、それを一度「凍結させる」ということでした。私は、今まで一度行き詰ると、そこで立ち止まって思い悩んでしまいどんどんマイナスの方へ進んでいってしまっていたので、これからは一度凍結させて、時間が経ってから解凍されるという、先生のやり方を参考にしたいと思いました。

  ・いちばん印象に残った言葉は「120%で生きてれば成長しつづけるけど、80%で生きていると人は守りに入ってしまう」という言葉だ。今、自分は少し伸び悩んでいることがあったが、それは全力を出しきれてないからではないのかと感じた。これからは、120%出して、自分の苦手なことにも挑戦していこうと思った。
 個人的に今までの先生方のお話でいちばんおもしろかったし、いちばん興味深く、心に残った授業だと感じた。先生のお話を聞けて本当によかったと心から思った。

・私はダンスをやっています。大学だけでなく外部のイベントに参加しているのですが、本当に最初は全員知らない人だらけで不安でいっぱいだっし、練習にいくのも嫌だと感じることもあったけれど、話してみたら案外優しかったり、実は知り合いの知り合いだったり、新しいことに挑戦するのってすごく気合いがいるけれど、新しいことに挑戦することに慣れて、もっといろいろなことをして、知り合いも自分の経験値も増やしたいです。
   あのガンダムみたいな車で道路を走るだけで、空洞を見つけられるなんてすごいと思う。

・道路の空洞についてそれが災害時に交通ネットワークに大きく影響し、さらに2次的な被害が出るのだということが分かりました。人々が安心して安全に暮らすために冨田さんのお仕事はとても重要なのだと思いました。
 また、道路の空洞についての技術を地雷除去にも役立て、単なる奉仕ではなく住民の皆さんの生活や経済を立て直すということにつなげたとのことで、印象に残りました。
 さらに、人との助け合いや好奇心を持つこと、人の役にたつことなどの重要性を改めて学びました。
今もまだまだたくさんの夢があるとのことで、無電柱化、地下インフラ3Dマップなど、どんどん新たな社会に貢献できるような仕事に精力的に取り組む姿をとてもすごいと思います。

・「見えるようにする」、「見逃さない」ということは、私たち歯科医療従事者も非常に重要なことだと思いました。まず「見えるようにする」ということは、人からの信頼を得ると同時に安心感を与えることができ、また、「見逃さない」ということは、危険を未然に防ぎ、人々の安全を守ることになると思いました。
 最近ではインチキな治療をする歯科医院も多いのですが、そうならないように生きたいです。

・2間目では、災害についてのお話がありました。
 福岡駅で起きた道路陥没は、衝撃的で記憶に残るものでした。東京であれだけ多くの空洞が発見されたことは、驚きと同時に不安も感じました。他人事のように考えていてはダメだと思いました。また、3Dマップには驚きました。災害の復旧や予防に役立つ、これからかかせないものになるだろうと思いました。
 私は将来、歯科衛生士になりたいのですが、それだけが道ではなく他の道もあると知り、大学やバイト、サークルで得られる経験を大切に、視野を広く持っていようと思いました。  また、「人や社会のためになることをする」というのは医療の仕事の理念でもあると思います。自分が生活するために働くというよりは人や社会に貢献するという姿勢で働くことが理想だと感じました。

・トンネルの空洞調査から地雷除去、道路の空洞調査と常に進歩を求めつづけてきたことや、人のため人の命のためと強い意志で進んでこられていたからなのだろうなと思いました。全力で人のために目的をもって質を高めていくというのは、技術者も医療者も変わらないのでは、ないかと思い、常に意識して生きていきたいと思います。

以 上

2017年10月18日 「慶應義塾大学理工学部同窓会」

弊社代表冨田洋が、慶應義塾大学理工学部同窓会総会にて、「災害に強くしなやかな社会づくりのために~貢献工学・減災学のすすめ~」と題した講演を行いました。詳細はコチラ。

2017年5月17日 「東京ロータリークラブ」

弊社社長の冨田洋が、東京ロータリークラブの例会卓話プログラムにて、講演を行いました。テーマは「全国穴ボコだらけ!今こそ必要な道路陥没予防対策」。講演内容が広報誌に掲載されましたので、ぜひお読みください。詳細はコチラ。

2017年2月16日 「慶應倶楽部2月例会」

弊社社長・冨田洋が、帝国ホテルで開催された慶應倶楽部2月例会午餐会にて、「多発する自然災害、今こそ必要な減災対策」を演題として講演しました。その内容が、『慶應倶楽部会報』第84号に掲載されました。詳細はコチラ。

2016年10月13日 「明治学院大学経済学部特別講義」

平成28年10月13日(木)、城南信用金庫様の連携講座である明治学院大学経済学部経営学科「経営学特講(経営者の視点:社会貢献とビジネスの両立)」(森田正隆教授)のゲスト講師として、弊社社長の冨田洋が登壇しました。

「人の命と暮らしを守るインフラの内科医を目指して」と題し、弊社の事業活動やスケルカ技術を紹介しながら「本能としての貢献心」「事前防災・減災」「心のレジリエンス力」「倫理観」などの重要性について講演しました。これから就活を迎える学生の皆さんにとって、今後の進路を検討する上でも、大いに参考になったのではないでしょうか。

また当日講義した内容が、冊子『現場発!「ともに生きる社会」の経営学2017』に掲載されました。詳細はコチラ。

© GEO SEARCH CO.,LTD.All Rights Reserved.